こんにちは、前田裕幸と申します。私が魅力を感じる豪華客船の数々をご紹介させて頂きます。まずは、日本の誇る豪華客船 「飛鳥Ⅱ」です。

飛鳥Ⅱは、総トン数50,142トン、全長241m、全幅29.6m、乗客定員872名、乗組員数約470名の日本最大豪華客船です。

豪華客船飛鳥Ⅱは、日本船ならではサービスと和のテイストを大切にしたラグジュアリーな空間を誇っています。上質で心のこもったホスピタリティと、優雅さに満ちたクルーズは、乗船する人を感動させてくれます。

クルーズ専門誌「CRUISE」」が選ぶクルーズシップ・オブ・ザ・イヤーでは、1992年から総合分紋第一位を連続受賞しています。

飛鳥Ⅱに乗船すると、解放的な二層吹き抜けのメインエントランス「アスカプラザ」が出迎えてくれます。レセプションでは、日本人スタッフが24時間対応してくれるので、海外へのクルーズでも安心です。

プライベートな空間を満喫できるロイヤルスイートは、バスルームにはジャグジーが付いていて、窓からは青い海を眺めることができます。解放感溢れるアスカスイート、落ち着いた雰囲気のCスイートの他に、最も多いバルコニー付き客室があります。

バルコニー付き客室は、明るい光が差し込む機能的で快適な空間です。また、3名で利用できるトリプルなど様々なタイプの客室が用意されています。

全ての客室には、シモンズ製マットレスが採用されています。客室は、全面禁煙となっており、喫煙は船内の喫煙スペースを利用となります。

朝日と共に、オープンデッキでウォーキングで爽やかな汗を流し、ビュッフ形式の朝食が楽しめるリドカフェでバラエディ豊かなメニューで一日の始まりを元気に過ごすことができます。

リドカフェでは、注文に応じてその場で調理してもらえるオムレツが人気です。
和食を食べたい場合は、メインだイングのフォーシーズン・ダイニングルームで、毎日日替わりの和食を食べることができます。

船首にあるビスタラウンジは、270度の大パノラマで見渡すことができます。また、パームコートでは、ゆtったりとティータイムを楽しむことができます。幅広い蔵書を取りそろえたライブラリーで本を読んだり、音響効果抜群のスクリーンで映画を楽しむことができます。

様々なショーが行われるギャラクシーラウンジや、最上階にある展望大浴場にはサウナも付いています。1日があっという間に過ぎてしまう飛鳥Ⅱは、結婚記念日や家族旅行など色々な方のニーズに応えてくれます。