ハーモニー・オブ・ザ・シーズ

こんにちは、前田裕幸です。今回は「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」をご紹介します。

海を見ながら客室でリラックスした時間を堪能し、多彩で美味しい料理に舌鼓をうち、充実した船内設備で快適に過ごせ、観光も楽しめるクルーズ船客は人気の観光手段です。中でもハイテクな設備を備えているとして、「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」が注目されています。

■ハーモニー・オブ・ザ・シーズの概要

バハマが船籍でアメリカにあるロイヤル・カリビアン・インターナショナル社が運航を行っているクルーズ客船がハーモニー・オブ・ザ・シーズです。姉妹船にはオアシス・オブ・ザ・シーズ、アルーア・オブ・ザ・シーズがあり、同様の充実した設備が自慢となっています。

中でも、「ボードウォーク」には遊園地と同じ規模をしたメリーゴーラウンドのほか数々のエンターテイメント施設が立ち並んでいるので、子ども連れでも快適な船旅となるでしょう。

■特徴

ハーモニー・オブ・ザ・シーズは、総トン数226,963トンで全長361m、全幅65mと史上最大級のクルーズ客船です。スイート客室やアクアシアター、ボードウォークに面したバルコニーが設置された客室など、多彩な客室も人気です。高速インターネットの接続もされているのでネット環境も充実しています。また、船内には40ものレストランやバーがあり、様々な国の料理を楽しむことができます。

■設備

ハーモニー・オブ・ザ・シーズでは、姉妹船ではお馴染みの船の上の公園「セントラルパーク」があります。船上であることを忘れるような緑豊かな草木が生え、周辺にはカフェも設置されているのでドリンクを飲みながらリフレッシュできるでしょう。

また、ロッククライミングや船上サーフィン、ウォータースライダーなどの体を思いきり動かして遊べる空間もあります。世界中のトップスケーターが揃うアイスショーやミュージカルも必見です。

■歴史

ハーモニー・オブ・ザ・シーズは、2016年5月に就航したまだ比較的新しいクルーズ客船です。動く街並みと称されるオアシスクラスでは3隻目となりますが、世界最大級の客船内には、様々なエンターテイメント施設があり、充実して過ごすことができます。

日本への就航も計画されていたのですが、周辺環境への影響などを懸念する地元民たちなどの反対運動で受け入れを断念しました。巨大客船ならではの充実した設備が自慢のハーモニー・オブ・ザ・シーズに圧倒される人も多いです。

船内でゆっくりとリラックスしながら過ごしたい人や反対にアクティブに過ごしたいと考えている人にもストレスなく充実した時間を過ごせることが魅力となっているので、年齢や世代を問わず楽しめるクルーズ客船と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です