こんにちは、前田裕幸です。今回は退屈知らずのエンターテイメントが満載の「オベーション・オブ・ザ・シーズ」の魅力について迫っていきます。

豪華客室やハイテクな施設が充実した新世代客船は、今やクルーズ客船の醍醐味とも言える要素となってきています。クルーズは移動時間に効率的なことを求めるのではなく、心地よく有意義な時間を過ごすための旅を提供するための乗り物とも言えるでしょう。

■概要

オベーション・オブ・ザ・シーズはアメリアのロイヤル・カリビアン・インターナショナルが運航するクアンタム級のクルーズ客船です。客船のスペックは、総トン数168,666トン、全長348メートル、乗客定員4,180名、就航は2016年4月となっています。

■特徴

世界初の展望カプセルは、海上90メートルの空中遊覧を楽しむことができます。この「ノース・スター」というアクティビティは、アームの先に設置されたカプセルが大空を旋回しながら海上360度を空中散歩するクルーズ客船の常識を超えた感動体験を実現させました。バーではロボットバーテンダーにオーダーしたり、スクリーンショーやミュージカルなど新しいエンターテイメントを満喫したりすることもできます。

船内にはフレンチやイタリアン、アジア料理など多彩な食事を味わうことも可能です。「ダイナミック・ダイニング」のシステムでは、異なる5つのメニューを食べ比べることができ、6箇所のダイニングスペースが用意されています。時間やドレスコードを自由に選択することができる革新的なダイニングシステムとも言えるでしょう。

■設備

オベーション・オブ・ザ・シーズの客室は、内側キャビンからスイート客室まで25タイプの客室があります。スタンダード内側には、壁面に設置されたスクリーンに壮大な景色がリアルタイムで映し出されるバーチャルバルコニーが全客室に導入され、外の様子がわからないといった従来の悩みを解消するために設置されました。海側キャビンとバルコニー付キャビンには、眺望を持つ窓が設置されています。自然の光を誘導すると共に、大海原の風を受けながらクルージングを楽しむことができるでしょう。

■歴史

オベーション・オブ・ザ・シーズは2016年就航とまだ就航歴が浅い客船ですが、現在アジア・オセアニア地方を運航しています。日本では、羽田発着のニュージーランド周遊ツアーを利用することができます。オベーション・オブ・ザ・シーズは、豪華クルーズ客船にありがちな派手な色彩や内装をあえて取り入れず、心地よさをコンセプトにしています。

しかし、その他のレジャー施設やウェルネス、ダイニングには最新技術や設備を採用した革新的な施設を体感できる大人な空間を演出しています。落ち着いた色調の客室でゆっくり寛ぎながら、多彩なエンターテイメントを豪快に味わってみてはいかがでしょうか。